ミッション・ビジョンWORK

運用を通じて投資家へ長期安定的な利益配分を実現する

運用会社の投資判断(資産の選択)と運用の巧拙が収益性に直接影響し、資産価値と投資主価値を左右します。

<社会情勢の変化と好況・不況の波を見据えた長期的な視点>

株式や債券の投資信託は運用会社が任意の株式や債券を組み合わせて商品化していますが、運用会社は直接的に株式や債券の価値形成には携わってはいません。それに対し、J-REITをはじめとする不動産ファンドは不動産の投資判断や運用管理を運用会社自らが行います。不動産事業は高度な専門性が必要であるため誰がやっても同じというわけではなく、運用方針やノウハウが将来の資産価値や賃貸収益を左右することになります。

投資主の皆様からお預りした資金を誠実に運用することを最優先にし、不動産ファンドの運用を通じて投資家へ長期安定的な利益分配を実現していきます。

世界に広がる投資家から選ばれ続ける不動産ファンドの運用会社へ

常に投資家利益を優先し、他の収益不動産と比較し運営リスクが小さい賃貸住宅の特性を活かしながら、挑戦すべき分野には果敢に挑戦し、且つ長期的・安定的な成長を実現することにより、投資主と入居者の皆様に満足していただける資産運用体制を構築していきます。世界に広がる投資家から選ばれ続ける不動産ファンドの運用を目指します。